はじめてのひとりたび in Laos

サワディーカップ! 皆さま、こんにちわ! 研修生其の2のヤマモトでございます。

研修生ということでブログの担当を任されたので頑張って書いていきたいと思います。

自分は先週末に行ったラオスへの旅行について書きたいと思います。

旅程としては

バンコク NRTファランボーン駅    8/28

↓ (寝台列車で12時間)

ノンカイ               8/29



ビエンチャン             8/29-30



ウドンターニ             8/30

↓ (バスで12時間)

バンコク 北バスターミナル      8/31早朝着

という1泊4日の弾丸旅です。。。

途中何度か体が悲鳴をあげそうになりましたが、そこはヤマモト、ふんばりました。

(誰かほめて!!)(笑)

そんなことはさておき、話を進めていきたいと思います。

初日、初めて乗るNRTに悪戦苦闘しながらもどうにかファランボーン駅に着きました。

実はヤマモト、駅へ向かう直前まで先輩方との飲み会に参加していたため、体にアルコールが回り、

この時点でもう足はガクガクです。。。

しかし立ち止るわけにはいきません。

重い体を奮い立たせ、切符売り場まで行き、ノンカイ行きの寝台列車を購入します。

駅員「どこへ行きますか?」

ヤマモト「ノンカイです」

駅員「何等の列車にしますか?」

ヤマモト「2等の寝台列車でお願いします。」

駅員「はい、それではあなたの名前を打ち込んでください」

ヤマモト「ケ、ン、タ、ヤ、マ、モ、トと」ここまではスムーズでした。

ふとヤマモト思います。

(あ、時間は何時なんだろう)

駅員に聞きます。

ヤマモト「何時出発ですか?」

すると駅員はこう言いました。

駅員「NOW」

ヤマモト「!!?」

これが実際の切符です。


右下に記載されている時間が実際切符を購入した時間です。

時間はなんと19時59分!汗

お分かりいただけただろうか?(本当にあった怖い話風)

そうです、ナウなんです。。。

駅員に文句の一つもつける間もなく、一目散に電車を目指しました。

高校の部活動以来の全力疾走です。。。

するとなんとか乗車することができました。疲れた、、、。

お酒を飲んでたことに加え、疲労していたためか、

移動時間のほとんどを寝て過ごしました。(寝台列車意外と快適でした)

そして予定到着時間から45分ほど遅れて列車はノンカイに到着しました。

ノンカイ駅は周りにこれといったものもなく、のどかな雰囲気でした。

降車後、しばらく周りの風景を写真に収めていると、

どこからか視線を感じるようになりました。

その視線の先にはなんとアジア系の人物が

仲間になりたそうにこちらを見ているではないですか!?

(日本人かなぁ、声をかけてみようかな)そんなことを考えていると

彼の方からこちらのほうに近寄ってきました。

「ニーハオ」

(中国人か!)

どうやってコミュニケーションをとるか悩みましたが、少し英語も話せるようでした。

彼の名はジェイソン(中国名は聞くのを忘れちゃいました)

バックパッカーで今までにカンボジア、マレーシア、タイを回っていたようです。

自分のつたない英語で彼と話してみると、どうやら一緒にラオスに入国する仲間を探していたようです。

自分はすぐに彼と協定を結び、行動を共にすることにしました。

本当はラオス入国までという話でしたが、結局その後ほとんど彼と行動しました。

ビエンチャンの観光地を巡ったり、ナイトマーケットに行ったり、

メコン川のほとりでエアロビを踊ったり(笑)

とてもいい思い出です。

ビエンチャンはもっと田舎を想像していましたがそこそこビルがあって

高級車も何台か通っていて小都市という感じでした。

走っている車はヒュンダイ製が多く、また8月にはラオスのサッカーチームと韓国のサッカーチームとで交流試合が行われたようで、

韓国が進出を図っていることがうかがえました。


ヒュンダイ車↑


時間があればルアンパバンやバンビエンにも行きたかったです。

今度ラオスに来ることがあればもっとゆっくり滞在したいですね。

コメントをどうぞ