セルフ・レジ

脱出派、引きこもり派、参戦派と分かれるソンクランですが、
みなさんはどのように過ごされたのでしょうか。

私は一時帰国し、春の、そして旬の日本を堪能して来ました。

ちょうど満開から、ひらひらと花びらが散り葉桜になろうかという
桜の風情と、木々の新緑を同時に味わうことができました。

日本人の意識を取り戻すことと、今の日本を取り入れることを
テーマとして一時帰国するようにしていますが、
日本の自然の美しさと、地の旬のものを使った美味しい食事とで
意識せずとも、自ずとリセットされて行くのが分かります。

しかし、現在の人間が作り出したものには戸惑ってばかりです。
大きなスーツケースと現金、海外用スマートフォンという
ふらりと訪れた外国人観光客と同じ仕様の装備の私には、
不便なんだか、便利なんだか、便利すぎて逆に不便なんだか・・・
なんなんだ、このガラパゴスは!と叫びたくなりました。

そんな中で、良くも悪くも一番驚いたのが「セルフ・レジ」。





スーパーで商品をカゴに入れた後、レジの機械にピットイン!
画面に従って、全て自分でピッ、ピッとバーコードを読み取り
自動販売機かのうようにお支払いをするという優れた機械です。

一台ならまだしも、ずらりと並んだこの機械に向かって
若い奥様方がこれまだずらりと並び1人で黙々とピッ、ピッ・・・
そして極めつけは、奥様のすぐ側で監視用モニターを睨みつつ
機械の取り扱いの指導を行うスタッフが付いていること。

これからのレジ方式とレジ打ちの雇用が気になるところです。

コメントをどうぞ