‘2011/03’ カテゴリーのアーカイブ

募金のこと

2011/03/28

今回の震災に対して、多数の国で募金が行われています。

当地においても、各団体おける募金活動をはじめとして、携帯電話の
ショート・メッセージ・サービスの課金を利用したもの(TVで募金状況が
随時公開されています)、コンビニエンスストア内に設置された募金箱
など、多様・幅広く展開されています。


タイや周辺国では、タムブン(功徳を施す)の思想が根付いていますから、
お布施・募金などをすることは自然に行われていますが、決して裕福では
ない人々の居住区からも多くの募金が集まっているニュースを見、感謝の
意を抱かずにはいられません。


100カ国を超える国々から支援の申し出があったことからもわかるように、
世界の国々・人々とのつながりは、ビジネス面だけでなく、広く、しかも
急速に深まっています。多くの人々が、日本人と同時に、時にはより早く
出来事や感情を共有しています。日本人にとって、このことを再認識する
契機にもなるのではないでしょうか。


被災された方々には、適切な言葉もみつかりませんが、海外で仕事・生活する
私たちにとっても、元気な日本があってこそ、それが成り立つものです。
力強い復興・復活を願うのみです。


Hira

 

 

その後

2011/03/23

私はタイが好きで、タイに住んでいる日本人ですが、

去年起きたタイでの暴動を目の当たりにし、

「もうこれでタイもお終いかもしれない。世界から見放されるに違いない。

日本に戻った方が良いんじゃないか。」

と、ふと、ほんの少しですが、思ってしまったことは事実です。

その後……、

まだ1年も経っておりませんが、タイの景気はなかなかのもので、

あんな大事件が起こっても、見事に立ち直っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

祖国日本は戦後最大の危機に瀕しております。

他に比べようのない大惨事であり、

今は力を落とされている方もいらっしゃるでしょうが、

タイと同じように、必ず、立ち直ってくれると信じております。

日本人自身も、諸外国の方々からも

素敵な国だと思え、思われるような国に、歩んで行きますように。

最後になりましたが、被害にあわれた方々のご冥福をお祈りいたします。

また、被災地で救助活動されている方々、本当にありがとうございます。

4 Steps

2011/03/15

 

先月、リクルート部門に入社いたしました田尾と申します。

お客様と“人財”とが少しでも良い出会い・関係となるよう

橋渡しをさせていただきたく努力してまいりますので

皆様にはご指導、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い致します。

 

 

ここ数日で悲しいニュースが続いています。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに

被災された皆さま、関係する方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

誰も予想だにしなかった大災害には心を痛める他にありませんが

それ以降については少なからず人の知恵と努力によって

防ぐことができる被害もあるのではないかと思います。

 

被災地に対し自分の身をもって積極的な救助ができなくとも、

危機意識を持って事前に危険を察知し、回避し、将来の被害者・

助けられる側に回らないよう自主防衛をするということも必要です。

 

この4ステップは私が大自然の中で生活していた数年間に得た

自分と周囲の人の身を守るための鉄則です。

 

  1. STOP (停止)
  2. BREATH (深呼吸)
  3. THINK (思考・計画)
  4. ACT (行動)
 

考えずに無意味に動くと被害が拡大するため、まず停止。

酸欠状態では良い判断ができません、

心を落ち着け脳を機能させるためにもしっかりと深呼吸。

そして素早く状況判断、役割分担と行動計画を立てます。

動くのはそれから。

目的に向かい意味のある行動を最短で遂行します。

 

ニュースでは疑問の残る4.ACT(行動とその結果)が多く、

3.THINK(計画と指揮)の情報が不足しています。

これらのニュースを見ている限りでは一人ひとりの3.THINK、

またその元となる情報の収集と咀嚼、隠された暗号の解読、

そして危機意識の点において個人的に不安を感じています。

 

まだまだ予断を許さない状況が続く中ですが

これ以上の被災者・被害者がでないことを願っております。

 

東北・太平洋沿岸地震

2011/03/11

本日東北地方を中心に日本で大規模な地震が発生しました。

日がたつにつれて正確な被害状況が報告されていくのだろうと思われますが

現実のものとは思えないような映像を見るたびに心が締め付けられます。

私自身学生時代に実家の神戸で大震災を経験しましたが

自宅が山寄りで震源地より1度震度が低かったにもかかわらず

ベッドにしがみついていなければ振り落とされるくらいの激しい揺れでした。

また本震そのものよりもその後の余震が精神的に辛く恐ろしかったのを覚えています。

日本は今後しばらく混乱が続いてしまうかと思われますが

被災された皆さまには、心よりお見舞い申しあげますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。

ラヨーン

2011/03/08

週末を利用してラヨーンに行ってきました。

ラヨーンといえばサメット島が有名ですが、サメット島に向かう船着場の辺りは開発が進み

ホテルや大きなコンドミニアムがどんどん建っています。

プロジェクトの中には海岸に建つ一軒家もあり、とっても素敵!

ラヨーンに一泊後、サメット島に上陸しましたが当日は大きなコンサートが海岸であり、島の中心地にはいままで見たことがないくらい大勢のひとがいました。

はじめて来たときには手作り間満載のバンガローばかりだったサメット島も、訪れるたびにどんどん宿泊施設やレストランができ、うれしいような、さみしいような…

あまりにひとが多かったので、人ごみを避けメインランドから一番離れた海岸に泊まりましたが静かでいいビーチでした!

今度はチャーン島に行きたいです!

初ホアヒン!

2011/03/04

先週姉が初めてバンコクに来たので、少し長めのお休みを頂いて

ホアヒンとバンコクに一緒に滞在しました。


バンコクで働き始めて、もうすぐ2年になりますが、バンコク内の

観光もしたことがなく、他県などはほぼ行った事がなかったので、

今回は姉と一緒に初めての観光もしてきました。

その中で印象に残っているのがホアヒンで滞在したホテルです。


今回泊まったホテルは、Yai Ya Boutique Resortというホテルで、

完成してまだ2〜3年のホテルでした。

ホテルと部屋のデザインが非常に洗練されていて、スタイリッシュなホテルでした。

スタッフの方の対応も非常に良くて、とても居心地が良かったです。



ホアヒンでは特にどこに行くわけでもなく、プールで泳いで、お昼寝して、読書をして、

シーフードを食べる。。。という、ゆっくりとした時間を過ごしました。

海はきれいではなかったですが、バンコクからのアクセスの良さと、

とても静かな場所でゆっくりするのにはとてもいい場所でした。

ご飯も美味しかったし。。。

今年中にもう一度滞在してみたいと思うホテルでした!

さて、お休みした分、頑張っていかないと!

楽しめるお寺

2011/03/01

以下の写真はコラート(ナコンラチャシーマー県)にあるお寺で撮影したものです。

寺院・仏像が並び、僧侶が居住し日々、読経・勤行に励まれています。

お寺1

 

 お寺2

一般のお寺と違うところといえば、境内に無数の「悪いことすると無限地獄だよ・・・

いいことすると永久の幸福が訪れるのだよ・・・」という教えを最高ランクに明快に

表現しているオブジェ(と呼んでよいのでしょうか?)が無数に並んでいることです。

なかには10バーツを放り込むと30秒ぐらいドクロが流行歌を歌ってくれるアトラクション

(と呼んでいいのでしょうか?)もあったりして、大人も子供も飽きさせません。

休日はけっこうな人が訪れます。

 

ひとつ気になるのは・・・会社のブログですので詳細は控えますが・・・かなり露骨な表現も見受けられ、

それをバックに子供たちが楽しそうに記念撮影している光景を、どう捉えるべきかという点です。

これらは、もし日本だと教育機関から訪問禁止の通達が出たり、そもそもナントカ陳列罪で

マズかったりするのではないかと、必要も無いのに気を揉んでしまいます。

 

このお寺のような場所は、実はタイ国内だけでなく、ラオスのビエンチャン近くや

カンボジアのパイリンという町でも似たようなお寺を見かけたことがあって、仏教の

教えを分かりやすくビジュアル的に教えるというのは、東南アジアのうち仏教圏では

ふつうのことなのかもしれません。

日本人にとっては、東南アジアでの感覚と日本のそれは異なることを明快に教えて

くれる場でもあります。