‘2010/03’ カテゴリーのアーカイブ

初投稿です。

2010/03/31

人材紹介サービス“M&Aリクルートメント”の平原です。

タイに関係することもまったく関係ないことも、思いつくまま気の向くままで書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします。 

 

今回は、小説家:清水一行さんご逝去についてです。

今月15日、小説家の清水一行さんが逝去されました。

タイに暮らし始めてから古本屋通いが一つの趣味になり、7年ほど前に「一瞬の寵児」という本をたまたま手に取ってから、

清水さんの著作にどっぷり浸かるとともに、経済小説というものの面白さを知ったしだいです。清水さんは企業・経済小説の巨匠ですが、

それらのジャンルだけではくくることのできない多彩な作品群をもち、また長編・短編を自在に書き分ける筆力も圧倒的でした。

しかし一番の特徴といえば、「人間」の描写力、生臭いほどのリアルさではないかと思います。 

 

『一瞬の寵児』  (子供が表紙を破ってしまいました)

 バブル経済が終焉をむかえ、銀行融資の総量規制に端を発した住専問題

 という膿が噴出してきました。 

 当時、複数の不動産投資家が国会で喚問され、その投資家が開き直りと

 取れるような発言をすると、「金を返さずに何をいうか!」というような、

 冷静に見れば魔女狩りともいえる光景がありました。歯車が狂いだしたとき、

 それまで蜜月であった政官財、また銀行と投資家との関係はどうなったのか。

 金を借りた者だけが悪いのか、本当の悪とは・・・ 決してくどいほどの長編

 ではなく、テーマからすると逆にかなり凝縮された構成です。

 しかし、とかく単眼的なものの考えかたに陥りがちな私たちを鋭く抉る、読み応え

 のある一冊でした。

 

 

 

タイと花の関係

2010/03/29

初めまして!M&Aグループのhanachanです!

タイは仏教国とあって、日本と同じように宗教上花を日常的に利用している国です。

バレンタインデーは、日本とは違って男性から女性へ花をプレゼントするのが一般的です。

日本では母の日が一番花の消費量が多いと思いますが、タイではバレンタインデーが

お花屋さんが一年で一番忙しい日となります。

バレンタインデーは、町中が花であふれてとても彩りのある景色になるんです。

日本も男性が女性に花をプレゼントする日があったら素敵だなぁと思います。

長く素晴らしき眠たい一日

2010/03/26

今日も快晴で心地よいバンコク。

だからでしょうか?
日中からガンガンに眠たい自分がイマス。

「今日は土曜日だ?」と思っていた自分。

眠たい眠たい・・・と、昼下がりの街を歩いていたら、

自分と同じように眠たいネムタイ、 いや寝ている方々が!!

画像の悪い携帯メールで、仲間達に向けて
「ハイ・ポーズ〜!」
長く憂鬱だけど素晴らしき眠たい一日なので アリマシタ。。
(※仕事をしていない、ということではアリマセン・・・)


豆乳

2010/03/24

M&Aグループのtokoこと石間です。宜しくお願いします。

朝食を取る派の人も取らない派の人もおられると思いますが私は毎朝豆乳を取るようにしています。

M&Aのオフィスがあるコンベント通りには朝も昼もたくさんの屋台が立ち並びますが、

その中に朝だけ営業している豆乳屋さんがあるのでそのお店でほぼ毎朝購入します。

以前はお姉さんが一人で切り盛りしていましたがお客が増えて忙しくなったようで最近はアシスタント付きです。

ここの豆乳がなぜ人気なのか、思うに「濃い~豆の汁」という感じの自然な味だからなのではないしょうか。

日本の豆腐屋で売ってる豆乳はきっとこんな感じだろう、と飲んだこともないのになぜかそんな想像ができるお味なのです。

他の豆乳屋でも購入したことがありますが、水で薄めているのか、はたまた遺伝子組み換え大豆が使われているのか、

とにかくなんだか不自然な味・・・・そういった他の屋台にくらべてこのコンベント通りの屋台豆乳屋は明らかに美味しいです。



何も言わないでいると勝手にお砂糖が入ってしまうので私はお砂糖抜きでお願いします。

タイ人達は豆乳にタピオカやコーンなどの具材を入れたりもしますが、それも抜きでとにかく何も入れないシンプル豆乳をオーダー。

お砂糖抜きにしてもらった豆乳はそのまま飲んでも良いですが、自分で蜂蜜や黒砂糖など体に優しい甘みを

加えるとより飲みやすい健康ドリンクとなるのでおすすめです。

更に最近、黒ゴマペーストという体によさそうな新アイテムがこのお店に入荷されましたので、

こればかりは具材を入れない私もいつものシンプル豆乳に追加で入れてもらってます。

しかもこの健康黒ゴマペーストはタイ人達にも人気のようでちょっと行く時間帯が遅くなると売り切れていることもしばしば。

タイ人の健康志向も高くなりつつあるんだなーと思う今日この頃です。

(続きを読む…)

ムエタイ観戦!

2010/03/23

M&Aグループの「kick」こと大浦です。よろしくお願いします!

現在は仕事でタイにいますが、学生の頃はムエタイ修業をしにタイを訪れたことがあります。

昨日はラジャダムナンスタジアムで日本人がタイトルマッチを行うのでタイで仕事を始めてから

初めてムエタイ観戦をしてきました。

タイには「ラジャダムナンスタジアム」と「ルンピニースタジアム」という2大メジャースタジアムがあって、

ここの舞台は世界中のキックボクサーにとって、あこがれの場所でもあります。

そこで外国人が王座に挑戦というのは、本当にすごいことなんです。



席はリングサイド、2階席、3階席と分かれているのですが、外国人は一律で1000バーツの料金のようです。

一緒に行ったタイ人は250バーツでした。。。

3階席に行って、観戦をしました。スーツ姿の日本人は、僕一人だけです。。。

2階席、3階席では、タイ人同士による賭けが行われています。法律上タイで賭博は違法のようですが、

ムエタイでの賭けは公然と行われていて、観客同士の選手の応援合戦がまた見ものです!



日本人選手は、善戦しましたが惜しくも判定負けしてしまいました。

やっぱり敵地となると、倒すしか勝つ道はないような感じでした。

続いてお目当ての選手も負けてしまい、昨日は残念な結果になってしまいましたが、

がむしゃらに戦っている選手たちを見て、僕も頑張ろうと思いました!

サラリーマンの楽しみ

2010/03/18

M&Aグループ会計担当「さかたどん」こと坂田です。

日本での税理士事務所勤務経験を生かし、現在M&Aグループの会計担当として多くの日系企業の会計業務サポートを行っております。

この仕事をしているとよく、理数系?数字に強い?

などと聞かれることが多いですが、全くその逆で、算数が限界で数学となると拒否反応です。。。。

仕事柄、一日中エアコンで快適なオフィスに居ることが多いですが、やはり外に出てリフレッシュしたいものですよね。

サラリーマンの楽しみでもあるランチタイム。

シーロムにあるオフィスはタニヤ通りにも近く日本食レストランが充実した環境ですが、

せっかくタイに住んでいるのだからやはり、安くて、おいしいタイ料理。

日本に住んでいる時から大好きだったタイ料理が毎日食べられるこの環境!最高です。



一番のオススメ!クッティアオ(タイ式ラーメン屋)の屋台です。

自分は決まって「センレック・ナーム・ピセー・セン」

トムヤム味スープの米の麺大盛です!



いろいろな屋台でクッティアオを食べてますが、やっぱりここの麺が一番オススメです。

これからタイは一年で一番暑い季節に突入しますが、暑い中で辛いものを食べる。

意外とハマリます。

渋滞で、排気ガスを撒き散らす車やトゥクトゥクが通過する路肩で、汗だくになりなりながらのランチですが、

日本では経験できない極上の「味」。

タイでの生活を始めて約9ヶ月。

これからもタイで私なりの「極上」を探していこうと思います。

祝初エントリー!

2010/03/16

はじめまして!M&Aグループの大金です。

今回がこのブログエントリーの第一回目のという事で

程よい緊張と共にこのエントリーを書いています。

私は日本で大学生をしていた時にタイの大学に留学していた事があり

縁あって今のM&Aに入社して今に至ります。

大学生の頃から感じていた事ですが、

今の日本の大学生の中でどこかの国へ留学したい人・留学した人はどの位の割合の人がいるでしょう?

おそらく人数にして半分以下の少数だと思います。

一方、タイの大学生に同じ質問をしてみると、かなり多くの学生が留学をしたいと答えると思います。

経済的な格差の影響もありますが、タイの学生を見てみると海外に出たいという気持ちが強い人が多いのではないでしょうか。

これから、変わっていくかと思いますが、

現在の日本の大学生はもっと海外を視野に入れていくべきだと思います。

その気になれば、どこの国にでも留学するチャンスがある

日本人に生まれたからには、このチャンスを生かして、

大学生のうちに日本の外を知っておくと

その後の人生の幅も何十倍にも広がるのではないでしょうか。

それに、今の就職予備校のような大学で学び、就職活動をして、良い会社に入社をして

結婚をして家を建てて、のような教科書通りの人生は日本で送るには難しくなってきている中、

海外に飛び出して自分の能力を生かす事ができれば、個人的な価値観によりますが、

日本で生活していくよりもずっと充実した人生を送る事ができるチャンスがあるのではないかと思います。

景気の影響で大学生の中での人気就職企業はインフラ系の会社が名を連ねている中

保守的にならずに、今の日本の大学生にはもっと外に視野を向けて欲しいと思います。