‘生活情報’ カテゴリーのアーカイブ

1月14日 Discover Thainess 2015キャンペーンによる道路封鎖のお知らせ

2015/01/12

2015年1月14日~18日の間、タイ国政府観光庁(TAT)がルンピニ公園にて
「Discover Thainess 2015」のキャンペーンを実施することになりました。

中でも2015年1月14日はグランドオープニングセレモニーが行われる予定となり
下記道路が封鎖されることになります。

ラマ1世通り(パトゥムワン交差点からラチャプラソン交差点までの区間)
午後19:30~23:00

ラチャプラソン交差点 午後20:15~23:00

ラチャダムリ通り(ラチャプラソン交差点からルンピニ公園までの区間)
午後18:00~20:45

ラマ4世通り(サラデーン交差点からウィッタュ交差点までの区間)
午後21:15~23:00

ウィッタュ通り 午後19:00~22:00

当日、該当地区周辺にお出かけになる際にはご注意ください。

2014/07/01

少し前から「京都」「着物」「温泉」などといったザ・日本的なものに惹かれることが多くなり
日本好きな外国人の気持ちが分かるようになってきました。

その流れなのか、これまで生きてきて全く興味のなかった「華道」にも興味が涌き
バンコクで習えないものかと知り合いに何気なく尋ねてみると、
運よく彼女の知り合いが華道の先生で近所で教室を開いているということが分かり、
あれよあれよという間に念願かなってお華のお稽古を受けることができるようになりました。

花を刺す位置などに色々とルールはあるものの、最後は自分のセンスをフル活用するしかなく
茎のうねりや葉っぱの形、花の色等々、目を向けるところはたくさんあって、正解がないこととはいえ
どうにも「これでよし!」思える形にまで易々とは近づけず
何かが上手くいってないということは分かるけれども何をどうすべきが見えなくて
納得の一品を仕上げることはなかなかに難しいということを毎回感じさせられます。

作り始めた作品をどこで終わりにするかを見極めることは難しいポイントとなりますが、
とりあえずこれ以上はアイデアが出ないというところまでくると先生に見てもらうことになります。
大概、先生の手直しが入り、再度刺し直され見事に生まれ変わることが多いのですが
稀にほとんど手直しを受けず私が作った状態のままで終了することがあると
なんともいえず嬉しい気持ちになります。
これぞまさに自分の作品を生み出せたと感じられるひとときです。



週に一回ではありますが、こうやってクリエイティブな作業に集中する時間を持つというのは
とても充実感があり、自分にとって大切なひと時です。
はさみ、剣山、花器と、道具も着々と増えていっており、これからも細々と続けていこうと思っています。

レンタサイクル

2013/06/27



気が付けば、会社近くのサトーン通り沿いにレンタサイクル
ステーションができていました。

普段はシーロム通りを利用しているので、サトーン通りを
背後から眺めながら、新しい派手なバス停ができたなー、
としか思っていませんでしたが、足を運ぶと自転車がズラリ。







どうやら、バンコク都庁の自転車プロジェクトが進んで
こちらまでやって来ていたようです。

なんでも、借りたところと違うステーションでの返却でも良い
ということなので、仕事帰りにサトーンで借りて、夕暮れどきの
ルンピニ公園をぐるりと回りサイアムで返却して夕食などという
青春まっしぐらな妄想も、もくもくと膨らんでしまいます。

タブレット端末のようなタッチパネルでカードへの課金もでき
現代的なようでいて、その横ではスタッフが机を置き駐在して
カードを売ったり説明をしてくれたりと、相変わらず和やかな
タイらしさも堪能できるしくみ。

年末の乾季まで存続していたら、妄想を実現したいと思います。




キンヂェー

2012/10/22


ただ今、キンヂェー(菜食)期間の真っ只中!

殺生をせず、体内をも浄化するといったことを目的として、
肉魚類、ミルク、卵をはじめ、野菜や果物でも臭いがきついもの、
味覚を強く刺激するスパイスや調味料を使った料理までも断ち、
さらにはアルコールを摂取せず、白い服を着るといった
つまるところ夜遊びもしない慎ましやかな日々なのです。

元々は中華系の人々の行事ですが、そんなことはあまり気にせず
いつもどおりの食事をとる中華系タイ人もいれば、この機会を利用して
デトックスをしようと個人的にキンヂェーを行うタイ人もいます。

あまり肉への執着がなく、日本でも精進会席料理を食べに行く日は
むしろ楽しみでしょうがないくらいの私ですが、全くもって興味なし。

理由は明確に2つあって、禁食材料を使用していないことを表す
「齋(เจ)」の黄色いマークが美しくなく萎えさせてくれることと、
味覚の寂しさを補うためか油ギトギトな料理が多く、
そもそも何がしたかったのだろうと疑問を抱いてしまうことです。



スーパーでも、スナック菓子コーナーにはためく「齋(เจ)」の旗。
確かに肉類は使ってないけど、それって・・・どうなの?
日本の醤油やヨーロッパのオリーブオイルにも「齋(เจ)」のシール。
ボトルデザインや異国の雰囲気も台無し、心の中の何か大事なものを
奪われてしまったような気分に陥ります。
よって、おのずとマークのない食品に手が伸びるというもの。

郷に入っては郷に従えという言葉と、魂は売れないという気持ちが
葛藤しては後者が勝つ、私には何年経っても慣れない行事です。


イタリア料理教室

2012/07/16

お友達に誘われてトンローソイ9にあるwatermarkというイタリアンレストランで

イタリア料理を習ってきました。

メニューは、ビーフカルパッチョ・スパゲティカルボナーラ・マンゴータルトの三品。

自分が好きなものばかりでテンションがあがります。

以前は日本に住んでいて日本のTVや雑誌にも数多く取り上げられたという

ベネツィア出身のシェフが日本語でレッスンを進めてくれるので言葉の心配もありません。

今回自分的に目からウロコだったのはカルパッチョの作り方。

いつも何気なく食べていたうすーいお肉やサーモンのカルパッチョ。

てっきりスライサーで薄切りかと思いきや

なんと

切るのではなく叩く!

ハンマーのような鉄の塊でお肉をガンガン叩くとこれが面白いように

薄く大きくなるのです。みなさん我を忘れて叩きまくってました。

日頃のストレスでしょうか。

実際のところこの叩く作業以外はほとんとすべてシェフがやってくれたので

我らのお仕事はレシピにメモ書きをすることになっていましたが

出来上がった料理が当然ながらさすがのプロの味で大満足。




ワインと共にいただきます。

最後にバンコク一美味しいと言われるコーヒーまでついて

1000バーツはかなりお得ではないでしょうか。

近々ワインバーもオープン予定だというwatermark、機会があれば是非。

カオソーイ

2012/06/20

BTSサラデーン駅からM&Aまでの通り、ソイ・コンベントは
街路樹が多く良い環境ながら、上は木々、下は屋台群と
なかなか我らがオフィスQ.Houseのビルが見えません。


店の閉まった夜に歩くと駅までもすぐの距離なのですが、
昼に多くの屋台に目を奪われ、それらの客を避けながら歩くと
目的地を見失った感覚に陥るのも無理はありません。


しかし、それは疑心暗鬼というもので、ほとんどの場合は
「迷わず行けよ 行けばわかるさ」の一言で解決されます。


そんな屋台群の中に、チェンマイ名物カオソーイの屋台があります。
クリーミーなカレーうどんといったような味で日本人には特に人気の
カオソーイですが、バンコクではどこの店でもある定番メニューでは
ないところが、より食べたい気持ちにさせてくれるものです。


目印はパブの前にあるこの表示。




毎日10:30くらいから17:00くらいまで営業しているそうで、
“くらい”というところがタイ、はたまた屋台らしいところです。


就職・転職はしたいけれど、登録はちょっと億劫と思っている方、
ぜひ、ソイ・コンベントへと迷わず足を踏み入れてみてください!


ラビットカード

2012/05/16

BTSでは新しいIC乗車カード、ラビットカードが運用されはじめました。

これはBTSへの乗車ができるのみならず電子マネーとしても使用が可能となっています。

今のところこの電子マネーが使用できる提携店はまだ少ないようですが、それでもスターバックスや

マクドナルド、オーボンパン等皆さんの使用頻度が高そうなお店も含まれています。

私的には毎日利用するスーパー、グルメマーケットでも使用できるというのが嬉しいです。

一回にチャージできる金額は100~4000バーツまでで、それ以外に初回はカード発行手数料150バーツと

デポジット50バーツがかかりますが、今なら手数料が50バーツというお得プロモーション中です。

年内には地下鉄でも使用が可能になるそうです。

バンコクも少しずつハイテク化が進んでいきますね。

バンコクの新名所

2012/05/01

12月決算の納税申告と、3月決算の対応で土日の休みがなかなか取れませんが、

日本はGWということで遊びに来てくれた友達と、

バンコクの新スポットになるであろう・・・・?「ASIATIQE」に足を運んでみました。


この暑い時期に日中のチャトチャックを歩くには少々つらく、

夜に買い物が出来るということで、御用達だったルンピニナイトバザール。

残念ながら移転してしまい、夜の買い物スポットに困っていましたが、

今回新しくオープンしたアジアンティークは

BTSサパーンタクシン駅からも近く、

買い物も食事もできる新名所になるであろう・・・・?そんな予感・・・・?です。

在タイ者からすると少し観光客向けな印象を受けましたが、

お台場や横浜を彷彿させるような雰囲気。

是非一度足を運んでみては?とお勧めできる新スポットです!!

http://www.asiatiquethailand.com/en/index.php

ティーセラピー

2012/03/16

先日韓国の漢方茶を扱うHarb Storyというお店に行ってきました。

場所はトンローのソイ13。

このお店では質問表に生活習慣や改善したい症状等を記入するだけで

自分だけのオリジナル漢方茶を作ってもらうことが出来ます。

はじめは友達について行っただけのつもりでしたが

お肌つるっつるの日本人オーナーさんにお会いしてしまうと

その効果にとても説得力があるような気がして結局自分もオーダーしてしまいました。

元々弱い喉に効果的で尚且つ肌に良いお茶をとりあえず2週間分調合してもらうことに。

オーダーメイドティーは出来上がりまでに約1週間かかりますが

一般的な症状別にすでに調合してくれているお茶であれば品切れでない限り

その場ですぐ購入できます。

二日酔い・お酒を飲む人用のお茶なんてのもありましたので

肝臓が心配な方はお試ししてもよいかもしれません。

ここはお茶だけではなくビビンバや冷麺等、韓国のお料理も頂ける様になっていて

私が食べたサムゲタン粥はとっても優しい美味しさで体にもよさそうで

毎日でも食べたいお味でした。

会計業務は季節商売

2012/03/01

この時期は12月決算法人、個人確定申告、そして、3月決算法人と会計・税務・監査周りの仕事をしている自分にとっては、

休む暇がない超繁忙期・・・・。

そして、通常でも忙しいこの時期にさらに追い討ちをかけているのが“洪水問題”です。

多くの日系企業を襲った洪水被害において一番の問題は、

決算が踏めないというこの現状。

PCが水没していまい会計情報がありません。

会計書類がファイルごと流されてしまいました。

期末在庫の把握が全くできていません。

など、など、クライアントさんによっても問題は異なり、

基本的には個別対応な状態です・・・。



そして、タイ政府も対応がとーーーーーっても遅い。

洪水の救済措置に関しても、実務的なマニュアルも、情報がおりてくるのがとても遅く、

現場も大混乱最近正直嫌気がさしてますね。

普段はこののんびりした自由な国が好きな自分も、今回ばかりは困り果てています。

しかし、洪水被害に合われて方の苦労を考えると私自身の悩みなど小さい物かもしれませんが。

少しでも洪水被害の回復を心より祈っております。