‘タイ’ カテゴリーのアーカイブ

タイでの運転適性検査。

2012/10/06

当地で車を運転していて、遭遇するケースを記してみました。

以下を想像してみて、ご自身のイライラ度をご確認ください。



自分が煎餅みたいにならなくてよかったです。保険には加入しましょう!







①    信号待ち。あなたの車は5台目です。信号が赤の時間が180秒なのに対して、青信号は20秒しかありません。

信号が青に変わりましたが、先頭の車がゆっくり発進した時点で残り5秒しかありません




②    制限時速100キロの高速道路で、日本でいうところの「追い越し車線」を走っていますが、あなたの前の車は

時速70キロくらいで走っています。他の車線の車も同じようなスピードで、追い抜くことができません。

あなたの前の車が、道を譲ってくれる気配がないので、パッシングをしてみましたが、気づかないのか無視しているのか、

車線を変えません。それであなたはずっと70キロで走り続けることになり、後続の車も鈴生りになり始め・・・



③    片側1車線しかない道路。特に渋滞はしていませんが、あなたの前の車は携帯電話で楽しそうに話しながら、

ずっと時速10キロくらいで走っています。



④    カーブ地点。対向車が大きくあなたの車線にはみ出して向かってきました。もうちょっとで衝突しそうになり急ブレーキ。



⑤    あなたの左の車線を走っている車が、左のウィンカーを出しながら、あなたの車の前ギリギリに割り込んできます。なぜ???



⑥    バイクがあなたの車の左後方ギリギリを走っています。先の信号が赤になったので減速しはじめたところ、

そのバイクはあなたの車を追い抜いていきますが、バイクのミラーがドアミラーに接触して「ゴキッ」という音を立てました。

後で見ると塗装がはげてしまっています。

⑦    T字路の突き当たり。前の車はなかなか左折しようとしません。どうもこの車は、左折したあとに右側車線に

移りたいようです。「まず左折して→車線変更」すれば全く問題無いのですが、「左折と同時に右側車線に

入れる」タイミングでないといけないようです。どうも頭の中のシーケンサーがそのように出来ているようです。



[適性診断]

・特にたいしたことはない ・・・ ご立派です。

・ちょっとイライラするが、がまんできそう

・・・ 慎重に運転下さい。イライラを鎮めるためイオン発生機取り付けをお勧めします。

・かなりイライラしそう ・・・ ドライブは運転手さんに任せるか、タクシーご利用で。    By Hira

パブリックアート

2012/08/27

オープンから少し経ち話題も落ち着いた頃の某日系ホテルですが、
個人的には入居ビルの敷地内に点在する立体作品が気になっています。





日本にあってタイに無い、特に足りないと思っていたもののひとつが
突如、そして、ついに現れたなーという印象です。


良く言えばポップアートとも言えるかもしれないけど、どちらかというと
人の目を惹き簡単に楽しませ、そしてすぐに飽きさせるような
商業広告的要素の強いものはバンコクの街角にも数あるものの、
こういった類の作品はほとんど無いと言って良いほど見かけません。


そして、写真好きのタイ人にも被写体としてはあまり人気がないようです。
アニメばかり見てないでニュースを見なさい、ゲームばかりしてないで
本を読みなさい、と口うるさく言う頑固オヤジの気分になってしまいます。


物ごとを多方面から見ると違った顔を見せることや、それぞれ違う中にも
共通したコンセプトを見出せること等、本質を捉える力やアプローチ方法を
開拓する発想力を育てるには、芸術に触れることが非常に有用です。


学校に行き、他人が確立した知識やテクニックを学ぶことも良いですが、
疑問を持ち、考え、答えを見出していくという自らの内なる思考鍛錬が
もっと重要視されていくと良いのになぁ、と思っています。
特に、無料で街中の誰もが接することができるパブリックアートを通して
底上げされていくことに期待しています。


涙の劇走@スワンナプーム空港の件。

2012/08/09

先週、一時帰国のため、ヨメと子供と共に空港へ向かった際の出来事です:



(朝)

5:00 スワンナプーム空港着。出発時刻(7:30)の2時間半前。

5:10 チェックインに並ぶも、カウンターまで長蛇の列。遊園地の人気アトラクション状態。

6:00 やっとチェックイン終了

6:10 手荷物検査場、人で溢れかえってます。

6:40 出国審査場は満員電車状態。タラタラしている職員にイライラ。

7:10 誘導係の人に「もう間に合わないんですが!!」と訴えるも、「心配するな、まだ間に合うからナー」

いうありがたいお答え。

7:23 やっと出国審査終了。



ボードには搭乗便の「Final Call」が点滅しています。出国審査場から搭乗口までは1キロくらいの距離が

ありましたが、体重20キロ近い娘をかかえ、走ります!

自分の運動・体力不足を呪いながら・・・

やっとのことで搭乗口に辿り着き、まだ出発していないことを確認できたのち、我に返ってから気づきました。

ヨメが泣き顔になっています。見ると、足の小指がサンダルと擦れて、皮膚が大きくめくれています。

座席に着いたときには家族一同放心状態でした。




顛末。

結局、出発時刻に間に合わなかった人が結構いたらしく、搭乗便は50分ほど遅れて出発しました。

搭乗口までの間にいた当航空会社の人は「急いで!」としか言わなかったのですが。

あれだけ焦り、走ったのはナンだったのでしょうか。

Hira

タイと日本の当たり前・・・・。

2012/07/01

友人の結婚式で一時帰国をしました。

真夏の日本に帰るのは久しぶりで、
きっとおいしく日本のビールが飲めるのだろうと期待していたが、
予想以上に熱すぎて、街中を歩くのがつらく、
正直イメージとしてはタイの方が暑いとおもいきや、
日本の方がうだるような暑さで少々参りました・・・・。

今回は北京にも遊びに行ったので、
スワンナプームではではタイビール、北京に着いて中国ビール。


そして、日本では待ちに待った日本のビール。
日本に休暇で帰ると、昼からビールとい幸せなひと時を過ごしている時に、

ふと気付いたことは、日本はどこでもアルコールの広告が張ってあること。

タイに住んでいると、法律の規制で、

「新発売!!」などというビールの広告を見ることはないですし、

ナゼか日本に帰って新鮮な気分に。

そう考えてみると、日本では当たり前でもタイではありえない事は、

アルコールの広告以外にも、

・エスカレータのどちらかに人が寄っていること

・電車に乗っているとほぼ全員が携帯をいじっていること

・切符売り場に行列がないこと

・ラーメン屋に行ってテーブルに砂糖がないこと

こんな当たり前のことが新鮮に感じてしまう自分。

タイの生活も4年目になるとだんだん感覚も日本人離れしていくんですかね。。。。

カオソーイ

2012/06/20

BTSサラデーン駅からM&Aまでの通り、ソイ・コンベントは
街路樹が多く良い環境ながら、上は木々、下は屋台群と
なかなか我らがオフィスQ.Houseのビルが見えません。


店の閉まった夜に歩くと駅までもすぐの距離なのですが、
昼に多くの屋台に目を奪われ、それらの客を避けながら歩くと
目的地を見失った感覚に陥るのも無理はありません。


しかし、それは疑心暗鬼というもので、ほとんどの場合は
「迷わず行けよ 行けばわかるさ」の一言で解決されます。


そんな屋台群の中に、チェンマイ名物カオソーイの屋台があります。
クリーミーなカレーうどんといったような味で日本人には特に人気の
カオソーイですが、バンコクではどこの店でもある定番メニューでは
ないところが、より食べたい気持ちにさせてくれるものです。


目印はパブの前にあるこの表示。




毎日10:30くらいから17:00くらいまで営業しているそうで、
“くらい”というところがタイ、はたまた屋台らしいところです。


就職・転職はしたいけれど、登録はちょっと億劫と思っている方、
ぜひ、ソイ・コンベントへと迷わず足を踏み入れてみてください!


タイ人の視線がなんとなく厳しい件。

2012/05/30

帰宅時、私の妻(タイ人)が、ひんやりとした視線を投げてきましたので、何かマズイことをしたかなあと

考えをめぐらせていましたら、その理由が某種目の五輪予選にあることがわかりました。

日本が五輪行きを決めた試合で、仮に日本が勝っていたら、得失点差によってはタイも五輪出場

できたとのことですが、当地のメディアやネット上では、日本がわざと負けたのだという見方が

拡がっているのです。



日本チームも激戦をこなしてきたのですから、目標達成後に力が抜けてしまったというような

ことはありえると思うものの、故意にどうこうというのは考え難いことですし、競技日程のアヤが

原因ともいえます。それでも、TVで有名人が「故意説」に同調すると、さも事実のようになって

しまいます。



日本とタイ両方が五輪出場できるなら当然喜ばしいことなのですが、それを理解しているはずの

身近な人にまで微妙な態度をされると、ちょっと怖さを感じます。

日本人もあまり他所のことをいえませんが、当地の皆さんは、より純粋に情報を受け止める印象が

あります、、、尾を引かないことを願うのみです。

Hira


バンコクの新名所

2012/05/01

12月決算の納税申告と、3月決算の対応で土日の休みがなかなか取れませんが、

日本はGWということで遊びに来てくれた友達と、

バンコクの新スポットになるであろう・・・・?「ASIATIQE」に足を運んでみました。


この暑い時期に日中のチャトチャックを歩くには少々つらく、

夜に買い物が出来るということで、御用達だったルンピニナイトバザール。

残念ながら移転してしまい、夜の買い物スポットに困っていましたが、

今回新しくオープンしたアジアンティークは

BTSサパーンタクシン駅からも近く、

買い物も食事もできる新名所になるであろう・・・・?そんな予感・・・・?です。

在タイ者からすると少し観光客向けな印象を受けましたが、

お台場や横浜を彷彿させるような雰囲気。

是非一度足を運んでみては?とお勧めできる新スポットです!!

http://www.asiatiquethailand.com/en/index.php

会計業務は季節商売

2012/03/01

この時期は12月決算法人、個人確定申告、そして、3月決算法人と会計・税務・監査周りの仕事をしている自分にとっては、

休む暇がない超繁忙期・・・・。

そして、通常でも忙しいこの時期にさらに追い討ちをかけているのが“洪水問題”です。

多くの日系企業を襲った洪水被害において一番の問題は、

決算が踏めないというこの現状。

PCが水没していまい会計情報がありません。

会計書類がファイルごと流されてしまいました。

期末在庫の把握が全くできていません。

など、など、クライアントさんによっても問題は異なり、

基本的には個別対応な状態です・・・。



そして、タイ政府も対応がとーーーーーっても遅い。

洪水の救済措置に関しても、実務的なマニュアルも、情報がおりてくるのがとても遅く、

現場も大混乱最近正直嫌気がさしてますね。

普段はこののんびりした自由な国が好きな自分も、今回ばかりは困り果てています。

しかし、洪水被害に合われて方の苦労を考えると私自身の悩みなど小さい物かもしれませんが。

少しでも洪水被害の回復を心より祈っております。

電話ボックス

2012/02/24

日本に比べ気の利いた物が少ないタイですが、
その分、自分で創作できるところが気に入っています。


街角の電話ボックスも、ドアがないのは元々のこと
線が繋がっておらず本来の目的すら果せないほどの
素材そのままの単なるボックスというものも多くあります。


機能は果せずとも日本のようなピンクチラシがなく
犬の昼寝の場として活躍している様子には
逆に心を和ませてくれさえしていることを考えると、
携帯電話を持っているから言えることかもしれませんが、
発展することばかりが幸せではないなぁと思わされます。


スペース=広告(ビジネス)の場 ではない
贅沢なゆとりがあるなぁとも感じます。


しかし、最近ではそんなタイの電話ボックスにも
日本のような世知辛い世の波が押し寄せているようです。























突込みどころ満載の人間味あふれるタイの街角も
心にぴゅーっと風が吹くような風景になっていくのでしょうか。


タイソング昨今

2011/08/04

 
いつの時代も常に変化はあるのだとは思いますが、
私にとって、ここ10年のタイ人の変化には目を見張るものがあります。

きっと太ることのない人種なのだ、と思い込むほどだったところが
最近では脂肪吸引のコマーシャルが流れるまでになり、
どこもかしこも見渡す限り黒髪サラサラのワンレンだったのが、
まさかまさかの茶髪のショートカットの登場。

実は、目に見えるところだけでなく、こそっーと歌も上手くなってます。
たまに出会う妙な音程が楽しく感じられる程までに。

あくまで自論なのですが、声の抑揚までを含んで意味をなすタイ語に
西洋風のメロディーをつけると、波の打ち消しあいが起こるために
奇妙な音律が発生するのだと思われます。

例えば、盛り上がっていくメロディーのところに第五声調(V)を含む語が
歌詞に使われていたときには、いったい上がるのか下がるのか・・・と。

日本でもカラオケ世代のアベレージの高さが話題になる中、
いろんな意味のカラオケが盛んなタイでも、同じく場数を踏むことにより
母国語とポップやロックとの完全なる融合がなされたのでしょう。

日本では同じ問題がはっぴいえんど時代にロックで起き、そして解決の後、
さすがにヒップホップは・・・と言われつつも、今や当たり前の存在に。

とすると、まだまだマイナーなタイ語ヒップホップもこれからでしょうか!?