‘toko’ カテゴリーのアーカイブ

1月14日 Discover Thainess 2015キャンペーンによる道路封鎖のお知らせ

2015/01/12

2015年1月14日~18日の間、タイ国政府観光庁(TAT)がルンピニ公園にて
「Discover Thainess 2015」のキャンペーンを実施することになりました。

中でも2015年1月14日はグランドオープニングセレモニーが行われる予定となり
下記道路が封鎖されることになります。

ラマ1世通り(パトゥムワン交差点からラチャプラソン交差点までの区間)
午後19:30~23:00

ラチャプラソン交差点 午後20:15~23:00

ラチャダムリ通り(ラチャプラソン交差点からルンピニ公園までの区間)
午後18:00~20:45

ラマ4世通り(サラデーン交差点からウィッタュ交差点までの区間)
午後21:15~23:00

ウィッタュ通り 午後19:00~22:00

当日、該当地区周辺にお出かけになる際にはご注意ください。

2014/07/01

少し前から「京都」「着物」「温泉」などといったザ・日本的なものに惹かれることが多くなり
日本好きな外国人の気持ちが分かるようになってきました。

その流れなのか、これまで生きてきて全く興味のなかった「華道」にも興味が涌き
バンコクで習えないものかと知り合いに何気なく尋ねてみると、
運よく彼女の知り合いが華道の先生で近所で教室を開いているということが分かり、
あれよあれよという間に念願かなってお華のお稽古を受けることができるようになりました。

花を刺す位置などに色々とルールはあるものの、最後は自分のセンスをフル活用するしかなく
茎のうねりや葉っぱの形、花の色等々、目を向けるところはたくさんあって、正解がないこととはいえ
どうにも「これでよし!」思える形にまで易々とは近づけず
何かが上手くいってないということは分かるけれども何をどうすべきが見えなくて
納得の一品を仕上げることはなかなかに難しいということを毎回感じさせられます。

作り始めた作品をどこで終わりにするかを見極めることは難しいポイントとなりますが、
とりあえずこれ以上はアイデアが出ないというところまでくると先生に見てもらうことになります。
大概、先生の手直しが入り、再度刺し直され見事に生まれ変わることが多いのですが
稀にほとんど手直しを受けず私が作った状態のままで終了することがあると
なんともいえず嬉しい気持ちになります。
これぞまさに自分の作品を生み出せたと感じられるひとときです。



週に一回ではありますが、こうやってクリエイティブな作業に集中する時間を持つというのは
とても充実感があり、自分にとって大切なひと時です。
はさみ、剣山、花器と、道具も着々と増えていっており、これからも細々と続けていこうと思っています。

高野山

2013/06/28

和歌山県の高野山とタイ国日本人会は、バンコクにある日本人納骨堂を介して
75年以上の交流を続けられているそうで
今年は日本人会創立100周年にあたることからその記念として
高野山を紹介する催事「いのちを観じる in Bangkok」が開催されました。

阿字観と呼ばれる呼吸法を中心とした瞑想、
ストレッチのような動きをしながら普段意識しない身体の部位を動かして
最も整った姿勢を探しだすという臨床動作法、
四国八十八箇所めぐりを行わずとも
それと同じご利益を得られてしまうというお砂踏み、そして写経。
どれも普段の生活ではなかなか接することのない興味深いプログラムばかりだったので
思う存分体験してきました。

特に写経は自分が文字に集中しているときは美しく書くことが出来るのに
少しでも他の事を考えながら書くと文字のバランスが崩てしまったりして
自分の集中力が反映される様子をまざまざと見せつけられ
その奥の深さを実感させられました。

昼食に頂いた精進料理も全て美味しく、
野菜や大豆だけから作られているとは思えないほど大満足な内容。

和の心を体感できる素敵なイベントでした。



絵付け

2012/09/17

陶芸教室のクレイプレイさんで
ライタイというタイの模様をお皿に絵付けできるコースに参加してきました。

まずは何種類もある模様から自分が使いたいものを選んだら
その模様の上に薄く透けるシートをのせて鉛筆で模様をなぞります。
なぞり終わったら今度はそのシートをお皿となる粘土の上にのせてなぞっていきますが
彫りが薄いと色をつけても模様が見えないそうなので
多少力を入れて彫るように描いていきます。
模様は細かいラインが多いのでかなり集中しての作業となり
気がつけばあっという間に30分、1時間とすぎていてここ最近にないくらいの
はいりこみようでした。
無になりたい人にはかなりお勧めです。

一日目の作業はここまででクレイプレイさんで素焼きをしておいてもらいます。
数日後に素焼きが終わったら色づけを行いその後再度釜で焼いてもらえば完成です。

色の組み合わせは自由なので
私はあえて少し陶芸っぽくない色合いにしてみましたが
なかなか個性的だとお褒めの言葉(?)を頂きました。
たまには自分の感性をフルに生かしてものづくりに励んでみるのも
いいかもしれません。

イタリア料理教室

2012/07/16

お友達に誘われてトンローソイ9にあるwatermarkというイタリアンレストランで

イタリア料理を習ってきました。

メニューは、ビーフカルパッチョ・スパゲティカルボナーラ・マンゴータルトの三品。

自分が好きなものばかりでテンションがあがります。

以前は日本に住んでいて日本のTVや雑誌にも数多く取り上げられたという

ベネツィア出身のシェフが日本語でレッスンを進めてくれるので言葉の心配もありません。

今回自分的に目からウロコだったのはカルパッチョの作り方。

いつも何気なく食べていたうすーいお肉やサーモンのカルパッチョ。

てっきりスライサーで薄切りかと思いきや

なんと

切るのではなく叩く!

ハンマーのような鉄の塊でお肉をガンガン叩くとこれが面白いように

薄く大きくなるのです。みなさん我を忘れて叩きまくってました。

日頃のストレスでしょうか。

実際のところこの叩く作業以外はほとんとすべてシェフがやってくれたので

我らのお仕事はレシピにメモ書きをすることになっていましたが

出来上がった料理が当然ながらさすがのプロの味で大満足。




ワインと共にいただきます。

最後にバンコク一美味しいと言われるコーヒーまでついて

1000バーツはかなりお得ではないでしょうか。

近々ワインバーもオープン予定だというwatermark、機会があれば是非。

ラビットカード

2012/05/16

BTSでは新しいIC乗車カード、ラビットカードが運用されはじめました。

これはBTSへの乗車ができるのみならず電子マネーとしても使用が可能となっています。

今のところこの電子マネーが使用できる提携店はまだ少ないようですが、それでもスターバックスや

マクドナルド、オーボンパン等皆さんの使用頻度が高そうなお店も含まれています。

私的には毎日利用するスーパー、グルメマーケットでも使用できるというのが嬉しいです。

一回にチャージできる金額は100~4000バーツまでで、それ以外に初回はカード発行手数料150バーツと

デポジット50バーツがかかりますが、今なら手数料が50バーツというお得プロモーション中です。

年内には地下鉄でも使用が可能になるそうです。

バンコクも少しずつハイテク化が進んでいきますね。

ティーセラピー

2012/03/16

先日韓国の漢方茶を扱うHarb Storyというお店に行ってきました。

場所はトンローのソイ13。

このお店では質問表に生活習慣や改善したい症状等を記入するだけで

自分だけのオリジナル漢方茶を作ってもらうことが出来ます。

はじめは友達について行っただけのつもりでしたが

お肌つるっつるの日本人オーナーさんにお会いしてしまうと

その効果にとても説得力があるような気がして結局自分もオーダーしてしまいました。

元々弱い喉に効果的で尚且つ肌に良いお茶をとりあえず2週間分調合してもらうことに。

オーダーメイドティーは出来上がりまでに約1週間かかりますが

一般的な症状別にすでに調合してくれているお茶であれば品切れでない限り

その場ですぐ購入できます。

二日酔い・お酒を飲む人用のお茶なんてのもありましたので

肝臓が心配な方はお試ししてもよいかもしれません。

ここはお茶だけではなくビビンバや冷麺等、韓国のお料理も頂ける様になっていて

私が食べたサムゲタン粥はとっても優しい美味しさで体にもよさそうで

毎日でも食べたいお味でした。

ついに

2011/09/09

本日ユニクロタイがセントラルワールドにオープンしました。



オープニングの3日間のみ先着1000名もしくは1500バーツ以上購入した人の

計先着1万2千人に特製エコバッグプレゼントということでどんなもんかと見に行ってきました。

まず驚いたのが長蛇の列。その昔マレーシアからやってきた「ロッティーボーイ」ではじめて

タイ人でも並ぶんだということを学びましたが、まるで日本のように

「ユニクロの最後尾ここです」と英語でかかれたプレートをもったお兄さんがいて



入店まで約20分ほど待たされたことにより

そんなにもユニクロブランドがタイ人にも浸透しているんだと

感慨深い思いにさせられました。

中に入ってみると人が多すぎて買い物籠があちらこちらでぶつかる状態ではありましたが

広い敷地で品揃えは豊富、レジも最初だからかもしれませんがかなりの人数が待機していて

清算に並ばされるということはありませんでした。

結局計1500バーツ以上お買い上げでエコバッグゲット。



しっかりした生地でコンパクトにもたためるしなかなか良い代物。

しかもBANGKOKって入ってるしこれはここでしか手に入らないプレミア物ではないかと

結構テンション上がりました。

日本と同じ価格帯で購入できるのが魅力のユニクロタイ。

秋冬物も取り揃えられていますので年末の日本への一時帰国前のお買い物に

最適かと思われます。

GEROLSTEINER

2011/08/30

私にとって家で御飯を食べるときの飲み物といえばもっぱら炭酸水です。

昔は缶ビールを飲んでいましたが

家でまで晩酌する必要は無いと思って以来、自宅でアルコールを飲むことはなくなりました。

でも、お水だと味気ないしコーラや市販の紅茶などはお砂糖たっぷりで体に良くない・・・

ということで、たどり着いたのが炭酸水。

特に最近のお気に入りはGEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー)です。



ミネラルやカルシウムが豊富な硬水の天然炭酸水で、はるか昔は

海底だったドイツのゲロルシュタインという場所で採水される炭酸水だそう。

天然とは思えない、程よい炭酸で飲みごたえありです。

炭酸ではないゲロルシュタイナーのミネラルウォーターも販売中なのでお間違いのないように。

世界最古の薬局

2011/07/27

チットロムにあるゲイソンプラザ内をブラブラしていると

こじんまりと可愛いく、それでいてどこかレトロな雰囲気を漂わせた

気になる店構えのショップを発見。

ふらっと吸い寄せられるように入ったお店の名前は「サンタマリアノヴェッラ」



フレグランスや石鹸、シャンプー等々、いい香りがしそうな商品達が小さな店舗に

ずらっとお上品に並べられていて女性ならみんなグッとくる雰囲気です。

(私がお店に入ったときはラテン系の恰幅のいいおじ様二人だけがお客でしたが)

何気なく手に取った100mlくらいのバスオイルが2300バーツと書いてあって

「うーん、やっぱり雰囲気からして高いと思った」なんてことをぼーっと考えながら

ふと顔を上げると、たった一人しかいない店員さんがびしっとスーツを着こなした

カッコいい欧米人男性だったことに気がついて色んな意味でドキドキしてしまいました。

そんなイケメン店員さん曰く、

このお店の歴史は約800年前イタリア・フィレンツェの修道院での

ハーブをつかった製薬活動に始まったことから、世界最古の薬局といわれており

現在でも製品は全て天然素材の原材料からのみ作られているそうです。

かのナポレオンや当時の王族達もこのお店のコロンを愛用していたらしく

その昔ながらのレシピに基づいて今も製品は作り続けられているとのこと。

値段設定は少々お高いようですが、歴史上の人物と同じブランドを楽しめるだなんて

なんだか優雅でロマンチックですよね。

とりあえずもう少し商品のことを知りたかったのでカタログみたいなものはないか訊ねたところ



紙をくるっと丸めてリボンで結び筒状にした商品リストを手渡されました。

最後までクラッシックで感動です。