‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

カンチャナブリのエラワンの滝

2017/06/22


カンチャナブリは戦場にかける橋で有名です。
今回、訪れるのは2回目でしたが、初回はカンチャナブリに多く存在する湖の水上コテージでのんびりしていただけでしたので、今回はタイで一番の美しい滝といわれるエラワンの滝に行ってみようということになり、朝早くバンコクから出発しました。
目指すエラワンの滝はカンチャナブリからさらに1時間以上山奥に入った所で、途中野生ゾウ注意の看板を目にしました。そのエリアは石が名産なのか、道路の両端に大きな石をごろごろ展示した石屋さんが多く見られました。
バンコクから車で4時間ほど、国立公園についたら滝をめざしてすぐに出発です。
エラワンの滝は7段構成で、タイ人は誰もが知っている有名な滝です。ただし、私の友達のタイ人の中で山道を登り一番上の1段目の滝まで行った事のある人は見つかりませんでした。
舗装された道を歩いて行くとすぐに7段目の滝がみえてきました。この7段目の滝も美しく森に囲まれた滝の付近はすでにさわやかな空気に包まれており、多くのタイ人は休日この辺りに訪れピクニックや水遊びを楽しむようです。

しかし、わたしたちの目標は1段目、まだまだ先です。
6段目、5段目もちょっとだけ立ち寄りますが、やっと4段目に来たところで暑さから滝つぼに足をひたしてみます。

滝つぼのひんやりした水の中には大きな魚が泳いでいます。足をつけていると魚が足をつっついてきます。この魚、街中で看板を見かけるドクターフィッシュと同種のようですが、とにかく鯉の様に大きい。この魚が人間の足についた角質などをつんつんと食べにきます。噂には聞いていたのですが、実際かなりくすぐったくて、じっとしていられません。ばたばた足を動かすと食べるのをやめてくれるし、そのうちに魚がいるのにも慣れてきました。15分ほど遊び、汗がひいたところでさらに上を目指します。この辺りになると道は舗装から土に変わり、木の根っこなどもごろごろ出ているので歩きにくい。頂上を目指す人が少ないのもうなずけます。出発してから1段目の滝に到着した頃には既に2時間半くらい経っていました。
しかし、1段目の滝つぼについてみて予想以上に不思議な景色を見ることになります。この滝は石灰山脈から流れ出るため、水は白っぽい水色、鍾乳洞のようにに長年かけて固まったような岩場になっているのです。

さらに岩場をよじ登るとそこには最後の滝、山からながれ出た水が滝をつくりだしています。
さすがタイで一番美しい滝といわれるだけあります。その場で30分ほどくつろいだり、泳いだりして遊びました。それまでの苦労を忘れるほど上ってきたかいのある充実した経験となりました。
興味のある方、訪れる際には水の中が石灰成分とコケで大変滑りやすいので、水の中でも歩きやすい履物でいくことをお勧めします。



※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。

釣り:シラチャー編

2017/05/30

週末に、シラチャーにて船釣りをしてきました。
バンコクを朝5時に出て、7時過ぎにシラチャーのローイ島から船に乗り換え、沖に出る事1~2時間。
今回は割と風があり、浅いところでの釣りがほとんどだったので大物には出会えませんでしたが、
その分暑さをあまり感じず半日粘った甲斐があり、食べるだけの量は確保できました。
町中に戻り、マッサージとシャワーですっきり爽快!の合間に日本料理屋で刺身、てんぷら、煮付けと調理していただきました。

車の手配から船、マッサージ、食事まで、こんな日帰り旅行が気軽に楽しめるタイはやっぱりいいな~!
次回は大物、釣るぞ~!!



※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。

タイ国で新発売のグリコアイス 

2017/04/11

タイ国は、ほぼ1年365日暑い国であります。そこで、暑い国にとって欠かせないのが、やはり冷たいアイスクリーム。
現在タイの方々に大人気のアイスクリームが今年1月27日より新発売したグリコアイス。
販売されている種類は「ジャイアントコーン」、「パナップ」、「セブンティーンアイス」、「パリッテ」になります。

私自身もこの情報を知ってから近くのコンビ二、デパートへ行きましたが、いつ行くも売り切れておりました。
なかなか手に入れる事が出来ませんので、店員に確認致しますと、週3回しかお店側に入荷せず、入荷してもすぐにお客様が買い置きをし、なくなるということでした。
そこで、お店側も売り切れない対策を考え、お1人様に付き2個まで等制限して販売しているという事です。
やはり、売れ行きが良い理由として、日本のアイスクリーム、また、値段も20~35バーツという事で、それほどタイの方にとっても高くなく、良かったのだと思います。

ちなみに、私が初めて食べたのは、「パリッテ」でございました。
確かに食べた後は、売れ行きが良い理由が身に染みるほど理解できました。
タイのアイスクリームにはない、毎日食べても飽きない味でした。

しかし、いまだに全種類を完食はしていませんので、入荷する日に近くのコンビ二、もしくはスーパーへ全種類を手に入れる事が出来るまで通うつもりでございます。

まだ、お召しあがれておられない方おられましたら、今、流行の日本のアイスクリームを召し上がってください。
おそらく、癖になること間違いないでしょう。



※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。

I must have flowers, always, and always. 

2017/03/17

ふと目をやると、ソイの鉢植えには小さな花が、街路樹には艶やかな花が咲き、バンコクに彩を添えています。

一番目にするのは、ブーゲンビリアでしょうか。
枝垂れのびる蔓に、オレンジ、紫、白やピンクの鮮やかな苞(ホウ)が、陽を享けてキラキラと瞬きます。
公園のプルメリアも、南国の青空を背に、とても華やかです。
中央から黄色のグラデーションを挿して、優しく広がる5枚の花弁が、おしゃれな日傘のようですね。

通り道 白きパラソル きみがさす 

と、表現してみましたが、いかがでしょうか。

睡蓮を忘れてはいけませんね。
水瓶から真っ直ぐに、空を見ている睡蓮は、強く、しかし繊細に、そこに在ることを誇っています。
しばらく見とれてしまいます。

‘I must have flowers, always, and always.’ – Claude Monet



※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。

イケイケ麺麺イケ麺麺

2017/02/23

昔から、かなり麺を食べます。
タイ料理の中でも庶民的で食べ易い麺料理を全般的にクエッティオと呼びますが、
特に食べるのが、バーミーナーム(小麦粉と卵から作られた黄色い麺で汁あり)と
センレックナーム(米から作られた乾麺の麺で汁あり)です。

オフィスの近くには麺屋台がたくさんあり、いろんな種類のクエッティオが
食べられますが、特に好んで頻繁に食べるのがこの2つのクエッティオです。



コンベント通りをサトーン通り方面に行き、サトーン通りとの三叉路近くにある
麺屋台が特にオススメです。
夫婦で切り盛りするイカシタ屋台です。

普通(タイ語:タマダー)で30バーツ、大盛り(タイ語:ピセーク)で35バーツと
お手頃価格で、12時過ぎに行くともうすでにタイ人達で混み合っていますので、
屋台のオヤジさんに注文を告げて、あとはひたすら待ち、空腹感を充実させます。

あっさりだけど深い味のスープに麺がほどよく絡み合い、そこに具がいい感じで
存在感を出しています。
気がつけばスープも完全に飲み干し、暑い良い天気の日には汗ダクになっていますが、
かなりの満腹感と満足感でオフィスに戻り、午後の仕事をハリキルのでありました。


※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。

東南アジアの日本人

2017/01/25

東南アジアに住んでいますと、本屋でも東南アジアについて書かれた本に
ついつい手が伸びてしまいます。
購読した本の中で、水谷竹秀さんの「日本を捨てた男たち」「脱出老人」
の2冊が印象に残っています。



フィリピン女性を追いかけた日本男性・金銭面からフィリピンで生活する
ようになった高齢者の老後の悲哀・幸福等が描かれています
主にフィリピンが舞台ですが、タイで老後を過ごす方も多く、問題の根は
日本にあるようですので、年金制度の崩壊が起きれば、社会現象になるか
もしれないとまで思いました。


※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。

タラート・ロットファイ

2016/12/23

ラチャダーにあるEsplanadeというショッピングモールの裏の空き地
で開催されているタラート・ロットファイ(鉄道市場)というナイトマ
ーケットに行ってきました。
服や小物、食べ物のブースがたくさん出ていて、ごちゃごちゃ感がと
てもタイらしくいいなぁと思うのですが、そこで食べたのが写真のト
ムヤムのクイティアオです。
写真では分かりづらいのですが、器の大きさがちょっとした洗面器ぐ
らいの大きさで、値段は250バーツもします。
これが2人分で、小さいお椀に移して食べるのでちょっとした鍋みた
いです。
入っている海鮮の具もおいしかったし、スープも辛すっぱく食が進む
味付けでこれだけのボリュームにも関わらずぺロリと完食してしまい
ました。




※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。

マイトン島

2016/11/15

年がら年中引き篭もりがちな私ですが、
せっかくタイにいるので、たまには青い海を見たいと思い、
先日プーケットにあるマイトン島まで行ってきました。
(実は諸事情により、半ば強制的にではありますが…)
バンコク特有の喧騒から離れ、数年ぶりに見る海はとても澄み渡り、
日々の疲れを一瞬にして忘れさせました。
天候にも恵まれ、シュノーケリングで南国特有のカラフルな魚や
珊瑚礁を観たり小さな丘に登り、島の周りの風景を楽しんだりと
充実した一日を過ごしました。
またシュノーケリングスポットに向かう最中、一瞬ですがイルカ
が現れ、年甲斐も無くはしゃいだりもしました。

とても素晴らしい一日でしたが、日焼け対策を一切せず海で遊んで
しまい、しばらくは痛い思いをしたので、次回はちゃんと日焼け対
策を行った上で海を楽しもうと思います。



※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。

テラリウム

2016/10/18

テラリウムとは、透明な容器の中に植物を植え、時にはミニチュアなども
使って小さな自然の空間を創り出すインテリアグリーンのこと。日本でも
流行っているらしいこのテラリウム作りに挑戦してみました。

用意されたのは、蓋がついて密閉できるガラス瓶、砂利、腐葉土、土、苔、
小さな植物数種類、動物などのミニチュア数種類。まずは、砂利、腐葉土、
土、を順番に瓶の中で層になるように敷き詰めていき、土台を作ります。

臭いを防ぐ役割の活性炭も少し混ぜました。この時点ですでに手は泥だら
け。土台ができれば、植物とミニチュアを自分の好きなように置いていく
のですが、小さな瓶の中での作業なので、根のついている植物をしっかり
土に埋め込むのが意外と難しい・・・いったん埋めてみては気に食わず、
また別の植物を埋めてみて、と数回繰り返しようやく自分の納得した状態
までもっていくことが出来ました。

ミニチュアも同じく、鳥やフラミンゴをさしてみたものの、イメージと違
い、結局キノコを数個さし込んでみました。苔は植物やフィギュアの後に
敷きます。仕上げに霧吹きで植物を湿らせ、瓶の内側についた水滴をふき
取り蓋を閉めれば完成です。

出来上がったものは、当たり前ですが世界で唯一自分だけのオリジナル。
思った以上に愛着がわきました。1時間ほどで仕上がる上、インテリアと
して長持ちするテラリウム、なかなかお勧めです。



※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。

タイでのクラフトビールブーム

2016/09/13

日本でもドイツで有名なビールのお祭り”オクトーバフェスタ”が開催
されたりしているようですが、最近、バンコク市内でもクラフトビール
を扱ったお店が増えてきて話題になっています。

クラフトビールというのはいわゆる地ビールのこと。最近はクラフトビ
ールという呼び方に統一されてきているようです。

今回、ビール好きの仲間に連れられていったお店、当日はイベント開催
日でもあり、日曜の夕方5時で既に満席、ほとんどが白人系の外国人や
セレブタイ人という客層でした。店には常時20種類ほどのクラフトビ
ールが用意され楽しめるとの事なのですが、初心者のわたしには何から
チャレンジしたら良いのか検討がつきません。

そこで友人の説明を聞きながらメニューを見てみると、そこには国やア
ルコール度数のほかにビールの種類などが記載されており、そういった
情報を元に飲み比べを楽しむそうです。以下に初心者にも楽しめるとい
うことでお勧めの種類をご紹介します。

-ピルスナー (Pilsner) のど越しが軽く爽快
-ペールエール (Pale Ale) ピルスナーにくらべ香りや味がしっかり
-IPA(アイピーエー)(India Pale Ale )ペールエールより苦味が強い。
 人気の高いビール
-スタウト (Stout)  黒ビール。実は苦味はIPAの方が高い

当日のイベントにはIPAの試飲会があり4種類を飲み比べてみましたが、
フルーツの味や苦味のある、特徴的なビールが楽しめました。IPAの名
前の由来はIndia Pale Ale の頭文字を取ったもので、その昔、イギリ
スからインドまでビールを運ぶ時に腐敗しないように大量にホップを使
ったとういう話からそう名づけられていると教えてもらいました。

実はクラフトビールは輸入品ばかりではなく、タイ国内にもクラフトビ
ール工場があり、地ビールを楽しむことができます。
ぜひ香りもよく、のど越しのよいビールをこれからの乾季に堪能してい
ただきたいです。


※当記事はメルマガに記載した記事を転載しております。