M&A月報 No.200「デモ真っ最中下の国王陛下誕生日」 

12月5日は国王陛下の86歳のお誕生日、さすがのデモ隊も
この日は休日とし、人々は祝賀に参列した。 
国王は皇族方、軍隊、政治家等々より多くの祝辞をお受けになられたが、
今回この行事は初めてバンコクでは無く、ご静養中のホアヒンで行なわれた。

恒例の国王のスピーチも行われた。
 “タイ国は永年に亘って、国民の協調性と団結によって、平和が保たれて来た。
またタイ人はお互い助け合うことを義務として来た。

全てのタイ国民は今この点を思い出して欲しい。
そしてタイ国の発展、安全の為に、今こそ全ての国民はその義務を果たして貰いたい“ 
と述べられました。
 国家の発展、そして国民の安全を考え、今の衝突は即中止し、皆各々での
義務を果たせと仰っている様に感じられた。
国王のお元気なお姿を拝見するのは嬉しかったが、
残念ながら、お側にシリキット王妃のお姿は無かった。
ご健康のご回復をお祈りしたい。
 国会には殆ど出席しないと言われているインラック首相であるが、
今回のデモ騒ぎで遂に国会に登場となったが、何と会議場での
自分の座る場所が分からず、野党席に着座、人々の失笑をかってしまった。
 警察での会議の後、緊急TV放送に出演と言われ、人々は注視したが、
失敗を恐れた副首相が、首相は超多忙で自分が代わりに述べると
代理出席となってしまった。 
女性週刊誌しか読まぬと、就任当時より問題多発のインラック首相であるが、
先日は野党の質問に対し、違った質問の回答文を棒読みしてしまった。 
それを野党より追求されると、何と
“質問が間違っている、正しい質問をしろ”と逆切れしてしまった。
デモ騒ぎを後ろに、好評の外遊となってしまった。
これでは首相は職場放棄と酷評されても致し方ないのではと思う。
兄タクシン氏とどういう打ち合わせが行なわれたのかは不明だが、
遂にインラック首相は国会解散の賽を投げてしまった。
記者会見では、強張った表情で、非常な早口、且つ涙顔で、
“自分は国家、国民の事を深く考え、最も民主的な解決策として国会解散を決定した。
デモする人々は、これ以上どの様な譲歩を望むのか”
と捲くし立て、記者の質問は一切受け付けず、足早に退場してしまった。  
5年前にその違法性より有罪となり、政治家より追放されていた大物議員105人が、
その任期を終え、復党した。

しかしタイの選挙法では、30日間在籍していないと、
その党より立候補出来ない事になっている。

それを承知の上で、30日以前に解散を表明した事は、
この大物105人は、今回はタイ貢献党より立候補出来ない事を意味する。
タクシン氏は何故この判断をしたのか、大きな疑問を呈している。

一方、デモ参加者も野党もタクシン憎しは叫ぶものの、
然したる公約も主張も無く、これではまた選挙での敗北になる事がほぼ確実で、
デモは解散が目的では無いと叫ぶものの説得力に欠けている。

残された手は、選挙をボイコットする事であるが、
これでは国際世論の同調は得られないとも思っている。

総選挙は2月2日と決まったが、野党側は期日の延期を提案、
また最大野党の民主党は選挙のボイコットを表明、
デモ隊は選挙登録事務所を包囲しこれの妨害等、
この争いの出口は未だ見えて来ない。

デモ隊の一日に必要な食事代が2,000万円とも言われる大金で、
これが寄付で賄われている。
バンコク市内だが、一日最大30万人と言われる人々も動員した。

こんな追い風はまたとない好機である。

アピシット率いる野党、しっかりしろと叫びたい。
日本の野党よりも、誰か、相続税/贈与税を廃止し、企業家を援護、
雇用増大を叫び、歳出を抑える党首が現れないものであろうか。
年収500万円、既に銀行借入5000万円、銀行が無制限に融資してくれるので、
今年も500万円の借り入れをし、年収1000万円の生活を楽しもう。
大変結構だが、5500万円の借入金返済は何時、誰が行なうのであろうか
 
この日は休日とし、人々は祝賀に参列した。
これが寄
この日は休日とし、人々は祝賀に参列した。
これが寄付